グループホームなかとさの特徴

美しい山並みを一望し川のせせらぎでこころを癒す。
静かで、リラックスできる環境で一緒に暮らしてみませんか。

入居者一人一人に応じて作成された、個別介護計画に添って支援・運営いたします。日常生活上のお世話はもとより、一人一人の声に耳を傾け、充実した生活を送れるよう生活リハビリ・レクリエーションなどを個々の状態に応じて取り入れながら、日々の生活が活気に満ちたものになるようケアをさせていただきます。また、医療機関との連携及び支援の体制も整っており、いざというときも安心していただけます。

管理者より

野村 要子

グループホームなかとさは平成23年3月22日に開設しました。現在は9名の入居者の方が共同で生活されています。グループホームなかとさの職員は現在8名です。そのなかの6名が地元(中土佐町在住)のスタッフであり、地元の方々とも馴染みの関係が保たれています。入居者の皆さんと明るく、楽しく、ゆったり有意義に生活ができるように支援させていただきたいと思います。グループホームなかとさが皆様の憩いの場になればと望んでいます。いつでもお越し下さい。 

 

グループホームなかとさ
SMC infomaition